Net Office Nakai
キーワードが複数の場合は 半角スペース で区切ってください












hdf.jpg株式会社ライブドア元代表取締役社長CEOの堀江 貴文さんが提唱する「失敗しないで儲かる4原則」はご存知でしょうか?

1.利益率の高いビジネス
2.在庫を持たないビジネス
3.定期的に一定額の収入が入ってくるビジネス
4.資本ゼロあるいは小資本で始められるビジネス
上記、4原則にあてはまるビジネスが失敗しにくく儲かるビジネスと言っています。シンプルで分かりやすくて説得力もあります。

ですか、もっとビジネスの成功率を上げ、これから始める価値のあるビジネスという観点から考えると、「5.競合が少ないビジネス」をプラスして5原則にする事が重要かと思います。
競合が多いと市場が荒れる傾向があり、価格競争になって利益率は下がり、結局、資本が多いところが勝ってしまいます。

ただ、起業を考えている方々、また新規事業を考えている方々にとって、ホリエモンの4原則プラス1原則などは当たり前のことで、実際はその原則に則ったサービス・商品が見当たらない、またはニセ情報が溢れすぎていて本物の判断が難しいというのが現状ではないでしょうか?

まぁ、今の時代は情報ばかりが溢れていますが、上記5原則を満たすような都合の良いサービス・商品とは簡単には出会えませんけど…

出会ってますよww その5原則を全て兼ね備えているのが「社会保険料削減コンサルタント」事業です!

営業サポート特典の「新規顧客開拓スクリプト」や「セミナー式 新規顧客獲得プログラム」を提供したことにより、単なる社会保険料削減のビジネススキームではなく、完全なビジネスモデルとして完成してます。
ですから、【社会保険料削減コンサルタント】として、営業からクロージング(長期的な継続売り上げ)までを一貫して行うことが出来ます。
社会保険料削減ビジネススキーム毎に「必要な資料」と「解説テキスト」が用意されており、詳しく1点1点の資料について解説されており、重要なポイントもまとめています。
更にお客様の前で示す資料には「基本トーク」まで用意されております。当然、各資料1ページ、1ページの基本トークですから、重要なポイントも含めて話す内容が簡単に理解できるようになっています。

現在ではネットで検索すると、社会保険料削減の手法は数多く紹介されていますが、どれも社会保険料労務士がHPやブログで検索される一つのコンテンツとして紹介しているに過ぎません。そこで紹介している削減手法は、実際に導入して企業のコスト削減に貢献することを前提としていない為、業務量に見合わない削減額であったり、企業や従業員がリスクを負うモノであったり、グレーな手法であったりします。

我々が提供する社会保険料削減プランは、「弁護士」「公認会計士」「社会保険労務士」がチェックし、

更に日本年金事務所の「適用調査官」のチェックまで受けた完全合法プランであり、

安全に導入できるプランをご提供しております。



【超豪華】PDFファイルのテキスト等と、更に編集可能な Word・Excel・PowerPointファイルも付属!

1.png

2.png

3.png

4.png

5.png

6.png

7.png

8.png

9.png

10.png

11.png

12.png

13.png

14.png

15.png

16.png17.png18.png



社会保険料削減コンサルタントとして、事業を開始できる全てをお渡しいたします。

※マニュアル・資料等は、法改正、お客様企業やご購入者様からの声を反映し、定期的に改定を行っております。

ブルーオーシャンの市場で、心置きなくご活躍してください!

共同通信社が、厚生年金と健康保険にかかる社会保険料の負担を軽くするため、一部企業が賞与(ボーナス)を分割し月々の「手当」として支給する手法を導入していたことが、厚生労働省などへの取材で分かったと報じました。
違法ではないが、制度の隙間を突いた「保険料逃れ」と厚労省は見ており、抜け道を防ごうと保険料算定のルールを見直し、全国の健康保険組合などに通知したそうです。

shaho11.jpg今回判明した手法では、社内の賃金規定を変更。年2回支給していた賞与を、総額は変えずに毎月の手当として分割して月給に上乗せする形をとり、賞与にかかる保険料の負担を軽くしていた。
東京都内のコンサルタント会社が顧問先の企業に手法を指南。
東京都や滋賀県、大阪府、兵庫県などの企業が導入していたことが全国総合健康保険組合協議会の調査で判明した。
節減した保険料総額の半分は、コンサル会社が報酬として受け取っていた。同社は「社会保険の制度上、企業や従業員の不利益を避けるため、最適な制度を選択できるようにアドバイスしていた」としている。

この件が発覚して以降、保険料算定のルールが見直されましたので、今この手法を使うと逆に社会保険料が高くなります。

我々から言わせていただくと、こんな危険で従業員に不利益が発生する手法を指南していた某コンサル会社の倫理観には怒りさえ覚えますし、導入した企業側にも問題がありますね…

某コンサル会社と導入した企業は、事の重大さを理解しているのでしょうか?
この記事には続きがありまして、「この手法では月によって手当を含めた給与額が大きく変動する。都内の健保組合関係団体によると、高額療養費の請求で自己負担額が突然跳ね上がったとの苦情が寄せられたケースがあったという。」…だそうです。
社会保健に精通していれば、起こる事が予想される出来事です。
2015年1月から高額療養費の自己負担額は下図の通り改訂されました。
shaho12.JPG例えば本来、月給25万円の方の所得区分は「④区分エ」で、入院や手術で医療費が150万円かかったとしても自己負担額は57,600円ですが、この手法では年に2回約60万円の手当が加算され、月給が一気に約85万円に跳ね上がります。当然、所得区分が「①区分ア」になりますので、医療費が150万円かかると自己負担額は259,180円になってしまいます。日本人の死亡原因 1位である【ガン】の摘出手術や放射線療では、入院費等も含めると200万円前後かかるケースも多々ある現状で、本来の月給以上の治療費を負担することになります…
こんな不利益は絶対に許されません!ご注意ください。

社会保健料削減のニーズが高い事が分かると、こういった危険を省みない悪質なビジネスを始める会社が多くなります。
しかし、「悪」は必ず淘汰されるでしょう。

contents_border_ft.png

こんにちは、社会保険料削減コンサルタントの阿部と申します。

先ずは自己紹介といいますか…私のプロフィールを綴らせて下さいm(__)m

abe300.jpg約20年前…私は某企業で5年間営業マンとして飛び込み営業をし、その後3年間営業所長をしておりました。当時、その会社には全国で5,000名もの営業マンがいましたが、全国3位の成績を残してトップセールスマンと呼ばれていました。

ただ、今で言うブラック企業…家庭を省みず毎日深夜まで仕事をしていました。自分のステータスのために仕事をしていた感があります。僕には2人の子供がいますが、1人目の子供の赤ちゃんの頃の記憶が余りありません…仕事一筋でしたので…

「記憶がないって…何か間違えている…」と感じ、子供が保育園に入園すると同時に、その企業を退職しました。
「家族を大切にしよう」と思ったからです。

次の仕事(就職先)も決めず退職しましたが、営業力だけは自信がありましたので、何か売るモノさえあれば食べていけるだろうと思っていました。そこで見つけたのが、「LPガスの切り替えビジネス」でした。飛び込み営業の即決で50万の商品を売っていた僕にとって、料金が安いLPガス会社への切り替えは非常に簡単に思え、直ぐに取り組みました。自分で営業資料を作り、営業トークを考え、LPガスの切り替えビジネスを始めて2ヶ月目には、関東で1位の代理店になりました。

そんなある日、ある企業に訪問した時に「ガス代よりも燃料代(A重油)を安くできないか?」という相談をされました。そして、「A重油? 何それ?」というところから勉強し始めました。ボイラーを炊くのに必要なのがA重油です。ゴルフ場や健康ランドのお風呂はボイラーで沸かしています。また、高温で何かを溶かして加工する工場などでもボイラーを使っています。
元売りを交えて商社と交渉を繰り返し、重油精製所からお客様への直通流通ルートを独自に開拓して、「産業用燃料(重油)のコスト削減ビジネス」をスタートさせました。「産業用燃料(重油)のコスト削減ビジネス」と言っても、LPガスの切り替えと同じで、安い元売り業者への切り換えですから、モノを売るより簡単です。また、産業用の燃料業界というのは非常に閉鎖的な業界で、他の地域からの切り替え営業が業者間の中ではタブーとされていましたので、末端のお客様は、産業用燃料の営業など聞いたことがなく、市場は入食い状態でした。閉鎖的な業界に風穴を開けた感じです。

これは全国展開できる!と感じ、代理店を募集し始めました。順調に顧客数も増えて順風満帆でしたが、リーマンショックが起こりました。ほどなくしてトヨタショック…日本もバブル崩壊以来の不景気にみまわれ、顧客の中でも倒産した企業が数社ありました。産業用燃料の売掛金は1社500万円~1,000万ほどです。それが数カ月の内に数社倒産され、売掛金は殆ど回収できず、僕の会社も超大ダメージを喰らいました。

しかし、リーマンショック以前に始めていた新規事業の「賃料減額交渉コンサルティング」が軌道に乗ってきていまいたので、何とか自社の倒産は回避できましたが、僕的にはヘロヘロでした…リスクヘッジ的に新規事業を始めていて助かりました。賃料減額交渉コンサルティングでも全国展開を図り、山梨から大阪に本社を移し順調に実績を上げていきました。この頃に「産業用燃料(重油)のコスト削減ビジネス」の様な、世の中にサプライズを起こせるコスト削減事業を画策していました。

それが「社会保険料削減ビジネス」です。

しかし、社会保険料削減をビジネス化するのに、世の中にない新しいタイプの給与ソフトをゼロから開発する程の費用と優秀な人材が必要でした。そこで、某企業と組み、僕の会社へ出資してもらう形でビジネス化に取り組み始めました。そして、約1年がかりで【社会保険料削減ビジネス】は完成し、スタートすることができました。

某生命保険会社とタイアップして、定期的に「社会保険料削減セミナー」を開けば、いつも50社満員御礼の盛況ぶり!一度は沈みかけた船が、またも順風満帆に大海原を進んでいました。ただ、人生は山あり谷あり、特に僕の人生には山と谷が非常に多いのです。出資してもった某企業の業績が右肩下がりに悪くなっていったのです。出資してもらった分の株を買い上げ、更に僕の会社から出資…僕はここで経営者としての判断を誤っていました。
数か月後、その会社の社長は「大型契約にあと一歩なんでです!」と涙ながらに訴え、僕に融資を求めてきました。僕に融資を求める時点で、銀行からの融資は受けられない所まで経営状態は悪化しているのだと判断できました。また、「再生タイヤの輸入販売事業」への出資も持ちかけてきました。今思えば、その社長は既に通常の思考ができないほど追い詰められていたのでしょう。そして、僕も大きな勘違いをしていました。すべて受け止めて好転させることができると…

大型契約?…その場しのぎの作り話でした。再生タイヤの輸入販売事業?…大掛かりな詐欺でした。
この先の事は、感覚だけであまり記憶がありません…失望、絶望、不信、恐怖、それらを超える感覚です。僕は鬱病になり、自殺を図ったことも1度…いや、2度ほどありました…それから5年間入退院を繰り返えしました。

…やっと病状が良くなり、本格的に社会復帰したのが去年の末です。
5年以上無職…入院費もかかれば、一家四人の生活費も当然かかります。大阪市内のど真ん中のマンションですから、家賃だけでも10万円以上かかりますし、食費や子供の学費(塾・習い事など)、水道光熱費も合わせると最低でも月35万円なければ生活できません。
しかし、何不自由なく生活していました。私の病状が良い時には旅行もしていましたしww
何故かといいますと…5年以上前に契約した社会保険料削減の継続収入が、今も毎月振り込まれるからです!

5年間無職なのに… これって凄くないですか?

その社会保険料削減コンサルタントになれるお話を、これからさせていただきますm(__)m


どれほど素晴らしい「テキスト」や「ノウハウ」があったとしても、ただ文字として読むだけでは伝わり切れないことが多々あります。また、文章の捉え方にも個々で差が生じる可能性もあります。

だからそこ「リアルな研修会」というのもが必要となるのです。

我々が伝えたい重要なポイントや本来の目的や意味などを、しっかり理解していただき、次の日から【社会保険料削減コンサルタントコンサルタント】として、活躍できる様にプログラムされています。

また、稼働前にリアルタイムでお気づきな点や質問などができる機会は、必要だと我々は感じております。
社会保険料削減ビジネス全体の流れと、各スキームの実務内容をしっかり理解していただくと共に、研修会を通じてお互いの人となりを理解し、ビジネスパートナーとして全力でサポートしてまいります。
あなたの成功が、我々の成長と成功に繋がりますので、サポートは随時、メールだけでなく電話でも受け付けております。
※サポートはメール・電話共に、回数・期間の制限はありません。
企業は何故、【固定費】のコスト削減にこだわるのか?コスト削減の真の意義も5時間集中研修会で知ってください。
社会保険料削減は、今後、重要な企業テーマの1つになっていくでしょう。
会計の側面から見ますと、社会保険料削減は法定福利費に計上されています。法定福利費は、販売管理費です。ですから、社会保険料を削減するという事は、販売管理費を継続的に削減するという事になります。
販売管理費を削減するという事は、本業の儲けと言われます「営業利益」を底上げする効果があります。
企業収益の改善、従業員の手取り収入のアップ。その2つが同時にできるのが【社会保険料削減】です!

今回お渡しする「テキスト」や「各種資料」に目を通してから、ご参加いただくと、一層理解が深まります!

また、【社会保険料削減コンサルタント】に対する具体的な質問等もできるかと思います。

contents_border_ft.png

sales_ph01.jpg要は、やはり【新規顧客の獲得】ではないでしょうか?【戦術(営業)】の部分です。
【戦略】は、社会保険料削減ビジネスのスキームとして、完璧に練り込まれています。

ですから、あとは現場でどの様に動けば戦いに勝てるか?
どうすれば【新規顧客の獲得】が出来るか?
【戦術(営業)】次第で、ビジネスの成功は決まります。
素晴らしい商品や、超画期的なサービスも売り方を誤った為に、失敗に終わる…
そんな話は、星の数ほどあります。

逆に、それなりの商品や、あったらイイけど程度のサービスでも売り方次第でヒット商品に大化けます。

売り方が、売れ方を変えてしまうのです!

例えば、身近なモノで言いますと、当初、栄養ドリンクコーナーに陳列していて全く売れなかったエナジードリンクの「レッドブル」や「MONSTER」は、陳列を栄養ドリンクコーナーではなく、炭酸飲料コナーに並べただけで、ヒット商品になりました。
また、菓子ガムの「グリコ スクイーズ」は、吊り下げ可能なパッケージを採用したことで、一番売 れるスポットを占拠することができて、ヒット商品になっています。

紹介した例は、突拍子もない売り方をする訳ではなく、少しの「工夫」にによって、他社製品を圧倒しているだけです。
これはB to B営業にも、同じことが言えます。

新規顧客開拓 営業スクリプト&セミナー開催プログラム

メディアやネットを使った広告、テレアポ、DM(FAXDM)、紹介、タイアップ、セミナー開催などなど… 実は、【戦術(営業)】は限られた方法しか存在しません。

その限られた【戦術(営業)】に、どの様な「工夫」をするかによって、結果は非常に大きく変わってきます。既に取り組んでいる実践者が言っている通り、確かに、「社会保険料削減ビジネス」は売りやすいサービスです。しかし、【戦術(営業)】に「工夫」をしなければ、それなりにしか売れません。
我々にとってこの「営業スクリプト」は、購買心理過程(アイーダの法則)に基づき工夫に工夫を重ね、数百件もの実践検証から生まれた「宝物」です。
その「宝物」をご購入者様にプレゼントいたします。


「セミナー式 新規顧客獲得プログラム」は、地引網の如く、一度に複数社の契約を獲る方法です。
社会保険料削減ビジネス開始当時は、3カ月に1回のペースでセミナーを開催し、新規顧客数を一気に増やしておりました。経験と実績に基づいたセミナー式顧客獲得プラグラムとなっております。
言っておきますが、2つの営業サポート特典は突拍子もない方法ではありません。
誰もが取り組むことが出来る新規顧客獲得方法です。
この度ご提供いたします【営業サポート特典】に数量の限定はございませんが、B to B営業のスペシャリスト達を唸らせた代物です!
※営業サポート特典はご購入者様専用HPよりダウンロードできます。


社会保険料はこれまで聖域的な扱いでコスト削減項目から外されていましたが、小泉政権時に行われた年金法改正によって、H16から年毎年上がり続け、近年では「何とか負担を軽減できないか?」という経営者の声が非常に大きくなってきています。
ニーズが高まる中で、脱法行為や危険な社会保険料削減を行うコンサル会社も存在しますし、危険と分かっていても社会保険料削減に目がくらみその手法を導入してしまう会社さえあります…

更に、パート・アルバイトに対する社会保険加入の労働時間条件が週30時間から週20時間に改正され、H28年10月から施行されたこともあり、経営者は非常に強い危機感を感じています。
また今後、年金受給年齢が現在の65歳から段階的に68歳、70歳に引き上げる素案も現実味を帯びてきました。
政府が考えていることは、「財源不足のため、どうすれば今よりもより多くの社会保険料を徴収できるか?」その1点だけです。

そして、政府がそう考えていることを経営者の方々は十分ご存知です。

ですから「社会保険対策は、必ず取り組む経営テーマ」になりつつあります。

法改正が社会保険料削減のニーズを高めているのです!

先ずは、その事実を象徴する導入事例をご覧ください。


【導入実績紹介】

jisseki01.png

jisseki02.png

「お客様の声」にも注目して導入実績をご覧ください。

jisseki03.png

jisseki04.png

jisseki05.png

jisseki06.png

jisseki07.png

社会保険料削減は、企業側だけのメリットだけでなく、【従業員の手取り収入をアップさせる効果】もあります。

コスト削減はどこかを誰かが我慢するイメージがありますが、導入していただいたお客様の声を聴きますと、

社会保険料削減は労使共にwin&winの結果を出すことができ、非常に喜んでいただいています。


【緊急報告】

「5時間集中研修会」を受けていただいた1週間後…1200名規模の医療法人から【診断申込】を受注した方がいらっしゃいました!

ちなに、我々が提供させていただいた「新規顧客獲得スクリプト」でアポイントを獲りました。

プレゼンは超緊張したようですが、先方が社会保険料節減に対して興味深々なのが分かった様です。
この方の「初案件」です。おめでとうございます!
(ノ^^)ノ―――――――※※☆★congratulations!!★☆

ただ、「新規顧客獲得スクリプト」は、200名以下の企業向けに作ったつもりだったのですが…
イイ意味で裏切られ、大きな可能性を示してくださいました。
やはり、研修で本質を理解し、実践していただければ、このスクリプトは結果が出ますね!

この方に入るコンサルティング料金は…削減額4000万円×30%(コンサル費用率)÷12ヶ月=100万円
たった1件の顧客で、月に100万円の長期的な継続収入GETですよぉお!!(゚ロ゚屮)屮 大きな可能性を示していただきました!

一撃で人生ひっくり返した感じがしますww
こういったビッグチャンスは取り組んでいれば必ず来ますので、やり続けることが重要ですね。

また、営業初日で特別養護老人ホームから【診断申込】を受注した方もいらっしゃいました!この方は、営業未経験者です。

営業未経験者が初日で結果を出されたことに、ご本人様はご謙遜されていましたが、私は彼女と話をして「トップセールスのマインドの持ち主」だと感じていました。私的には予想通りの結果ですね。
(ノ^^)ノ―――――――※※☆★congratulations!!★☆

この方に入るコンサルティング料金は、約3万5千円程度ですが、毎月継続して入る収入です。
改めて【営業サポート特典】の内容が、いかに優れているか再確認できました!

contents_border_ft.png

1.png

2.png

3.png

4.png

5.png

6.png

7.png

8.png

9.png

10.png

11.png

12.png

13.png

14.png

15.png

16.png17.png18.png



社会保険料削減コンサルタントとして、事業を開始できる全てをお渡しいたします。

※マニュアル・資料等は、法改正、お客様企業やご購入者様からの声を反映し、定期的に改定を行っております。

ブルーオーシャンの市場で、心置きなくご活躍してください!

contents_border_ft.png

a0002_003651.jpgビジネスをすると考えた場合に何が一番重要なことでしょうか?
一般的に新しく開業した会社が10年後も生き残っている確率は3%以下だと言われています。
数字が示す通り、起業(新規事業)は簡単にはいかないモノです。
約5年前、僕が経営していたコンサルティング会社が倒産しました…倒産は私の心と体を壊しました…その5年間は入退院を繰り返し仕事すらできない…失望の期間でした。
しかし、全てを失った私(本来、5年間無職無収入)が立ち上がれたのは、社会保険料節減ビジネスの継続収入を毎月得られていたからです。

市場では「社会保険料節減」の潜在的ニーズが非常に高く、お客様から評価され導入実績を積むことができた事実が私を支えてくれました。

新規にビジネスを始めると考えた時に、1番重要なのは【長期的な継続収入を得られるビジネスなのか?】です!

この社会保険料節減コンサルタント事業の収益は、コンサルティング料金を企業様から、継続的にいただく形となります。社会保険労務士さんの仕事をとるようなことにはなりませんので、ご安心ください。

継続収入という面で、弁護士さん、会計士さん、税理士さん等、既に顧客がある士業の方々は、なぜ経営が安定しているかといえば、顧問先からの継続売上があるからですよね。

社会保険料金削減ビジネスも同じように継続的な収入をいただきます。万が一、自分が病気やケガなどで動けなくなったとしても、継続収入を作っておくことで収入は安定します。

下記ご紹介させていただく導入事例の案件が、仮にあなたの実績だったら…

どのくらいの儲けになったのかシミュレーションしてみましょう!
赤字で記載した金額が、あなたが稼いだ【継続的収益(旨味のある)のコンサルティング料金(儲け)】になります。

jisseki 001.png

jisseki002.png

jisseki003.png

jisseki004.png

jisseki005.png

shuuseki.png


いかがでしょうか?

導入実績を稼いだ金額に当てはめてみると、あなたに継続的な収益が約900万円(毎年)入ってきます。

たった5件の導入で900万円です。これが社会保険料節減ビジネスの威力です!
また、社会保険料節減ビジネスの特徴として挙げられるのは、1度契約するとほぼ解約されないという点です。これは解約してしまうと社会保険料節減の効果を失ってしまうからです。

必ず労使共にメリットが出る取り組みに対し、解約はあり得ません。(倒産の危機だとかは別として…)ですから、

着実に収益の積み上が期待できるビジネスです。

contents_border_ft.png

建設業:●●建設株式会社  総務実務担当 山上様

上(経営者)が決めた事とは言え、総務担当の私は正直、「面倒な仕事をしなければならないな…」と思いました。
人がいないので、実質、私が一人でやることになるんですよ!

ただ、担当の阿部さんは私の質問にきちんと答えてくれたので、迷うことなく仕事をこなせました。
嬉しかったのは同僚や上司が、経費が削減できたことや、手取り収入が上がったことに対して「ごくろうさん」や「ありがとう」と声をかけてくれることです。
総務というのはお金を生まない部署だと世間では言われていますが、この社会保険料削減で、会社と社員に貢献できていることが私の仕事のやりがいにも繋がっています。

今後とも長いお付き合いとなると思いますがよろしくお願いいたします。
comment01.jpg

鉄鋼業:株式会社●●●グループ  総務責任者 水谷様

最終的な導入の判断を任されたので、第三者的にこの内容を細部まで徹底的に調べさせていただきました。
その都度、電話で質問もさせていただきました。
ここ数年で会社規模も大きく成長している中で、毎年、大きな削減が出来ていますので、導入した甲斐がありました。

個人的には、
うちの社長に阿部さんが「社長、社会保険料が削減出来たら水谷さんのおかげなので、ボーナスを上げてください!」と言ってくれたことが嬉しく、印象に残っています。
気のせいか、私のボーナスが少し多くなった感じがしています。

恥ずかしながら総務として本来は、社会保険の削減などは考えなければいけないことだとは思いましたが
中々意味が分からず進めることはできませんでした。
でも阿部さんに全て計算していただいているので、私の仕事の分担もしてもらえていることに
とても感謝しています。また、社内でも存在意義が上がっていて本当に有難うございます。
comment02.jpg

塗装業:株式会社●●塗装工業所  総務部長 白坂様

繁閑差が激しい時期がある業種なので、実際の給与支給額よりかなり大きな社会保険料を負担していた従業員が多くいましたので、何度か社労士や年金事務所に問い合わせた事がありましたが解決できませんでした。
その悩みを解決してくれたのが、このサービスでした。
初めて内容を聞いた時に、感動したのを覚えています。今後とも引き続きよろしくおい願いします。
comment03.jpg

contents_border_ft.png

「あと何年、仕事をするのか」、考えたことがありますか?

会社の従業員として働いている方は、定年まであと何年だから…と考えて答えを出すでしょう。そう考えた時、あと●●年も働くのか…まだまだ長い道のりに、思わず溜息が出ることも。

私はあと「5年間」働こうと考えています。持病のこともありますが、「5年間」全力で働いて、その後は継続収入で暮らします。働くことを引退したら、シンガポールかマレーシアに移住して悠々自適な生活を送ろうと考えています。完璧な人生設計ですよねww
何が言いたいかといいますと、継続収入のビジネスモデルは凄いという話し。

それが出来るのが、【社会保険料削減コンサルタント】だという訳です!

会社は勤めて働かないと給与がいただけません。当然ですがww
もし、病気やケガで働けなくなったら?傷病手当は6ヶ月しか支給されません。しかも基本給の60%しか支給されません。また、失業手当で生活できるほど、世の中甘くありません。その後の生活は?仮にその病気やケガで働けない事が障害認定されても、障害年金は2級でも月に15万円程です。それでは普通の生活は出来ませんよね。

起業を「リスク」と考える方もいますが…

それぞれの価値観ですから否定はできません。ただ、企業も倒産し、自分自身も病気やケガをすることがある事も否定できません。30代半ばでも就職が難しくなっている現在で、40代半ばだと年齢的に募集要項から外れていたりします… 私も40代半ばなので、「40代なめんなッ!」と叫びたくなります。
終身雇用という概念が薄れ、実力主義という言葉をよく耳にするようになりましたが、20代、30代、40代、50代の社員が同じ仕事が出来るなら、企業は給与が安く済む「20代」を選びます。若い方がその会社色に染めやすいですし。

人それぞれの「生き方」や「考え方」がありますが、私の【実体験】から言わせていただくと…

自分が働けなくなった時(病気やケガで)でも、安定した収入(長期的な継続収入)が得られていれば、

安心だと心から思いますし、将来の年金に期待もできませんよね。

contents_border_ft.png




1.png2.png3.png4.png5.png6.png7.png8.png9.png

10.png11.png12.png13.png14.png15.png16.png17.png18.png






※ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページより、購入者様専用HPの「ご案内」をダウンロードしていただけます。
※ご購入者様専用HPからマニュアル・各種資料・試算プログラムなどをダウンロードできます。
※ご購入者様専用HPから特典をダウンロードできます。
※当ノウハウはあくまでも、「社会保険料節減プラン」と「節減金額の計算プログラム」を提案するノウハウとなります。
実践にあたり、関連法令への配慮をお願いいたします。

order03.jpgorder03.jpg






新規顧客開拓 営業スクリプト&セミナー開催プログラム

メディアやネットを使った広告、テレアポ、DM(FAXDM)、紹介、タイアップ、セミナー開催などなど… 実は、【戦術(営業)】は限られた方法しか存在しません。

その限られた【戦術(営業)】に、どの様な「工夫」をするかによって、結果は非常に大きく変わってきます。既に取り組んでいる実践者が言っている通り、確かに、「社会保険料削減ビジネス」は売りやすいサービスです。しかし、【戦術(営業)】に「工夫」をしなければ、それなりにしか売れません。
我々にとってこの「営業スクリプト」は、購買心理過程(アイーダの法則)に基づき工夫に工夫を重ね、数百件もの実践検証から生まれた「宝物」です。
その「宝物」をご購入者様にプレゼントいたします。


「セミナー式 新規顧客獲得プログラム」は、地引網の如く、一度に複数社の契約を獲る方法です。
社会保険料削減ビジネス開始当時は、3カ月に1回のペースでセミナーを開催し、新規顧客数を一気に増やしておりました。経験と実績に基づいたセミナー式顧客獲得プラグラムとなっております。
言っておきますが、2つの営業サポート特典は突拍子もない方法ではありません。
誰もが取り組むことが出来る新規顧客獲得方法です。
この度ご提供いたします【営業サポート特典】に数量の限定はございませんが、B to B営業のスペシャリスト達を唸らせた代物です!
※営業サポート特典はご購入者様専用HPよりダウンロードできます。

contents_border_ft.png

社会保険の知識がありませんができますか?

はい、問題ありません。テキストにこのビジネスに必要な知識をまとめてあります。
また計算式などはフォーマットがあるので簡単ですし、お気軽に何度でも聞いていただければサポート致します。

社会保険に関する申請書類などは、社会保険労務士が取り扱うように法で定められていますが、資格は必要ですか?

資格は一切必要ありません。
この社会保険料節減に関しての申請書類などはお客様自身か顧問社労士が作成して、お客様自身か顧問社労士が労基署に提出します。また、申請関連はお客様企業側で当たり前に分かっている業務なので、我々が1から新たに指導する様なこともありません。
社労士の資格がないとできない業務は含まれておりません。

起業セットを購入してお客様のところに訪問するのに、会社などの名義がないので、代理店などで名義を借りることはできるのでしょうか?

確かに法人や個人事業主でない方が、すぐに企業様を訪問するのは難しいと思います。
その際には、弊社が業務提携している公認会計事務所が運営しているコンサルティング会社で営業できる代理店制度もございますので、お気軽にお問い合わせください。
ちなみに担当の阿部は、そのコンサルティング会社のシニア コンサルタントです。
すべてに対して万全の体制を整えておりますのでご安心ください。

この削減方法は合法と書かれていますが、間違いないのでしょうか。

そもそも合法という観点ではなく、元から法律の中で行うことは当たり前のことですし、グレーという部分も全くありません。
そんなモノは論外です。
全て社会保険制度のルールの中での内容ですし、今までこのサービスを提供してクレームは一切受けたことがありません。更に言うなら、我々は合法でも従業員に不利益になることは倫理的に「悪」と考えておりますので、従業員に不利益になることも一切ありません。

都道府県でできない地域や削減効果に差はありますか?

ありません、どの都道府県でも社会保険料削減ビジネスを展開できますし、削減額に差はありません。

購入前に、直に会って質問することはできますか?

もちろんできます。我々が取り組もうとしているのはリアルビジネスです。
電話やメールだけの関係ではなく、リアルな人間関係が重要だと考えています。

削減のための計算式等は、エクセルの中に入っていて自動的に計算されるということでしょうか?

はい、試算表(エクセル)にデータをコピペすれば自動的に計算されます。また、練習用の給与・賞与データも収録されていますので、事前に試算表(エクセル)を使って練習することが可能です。

社労士さんの仕事を脅かすことにはならないとは思うのですが、ある意味顧問社労士さんがなぜ提案してくれなかったの?と経営者の方は思うこともあると思いますので、社労士さんにとってはありがたくない話である場合があるのではと思いますが、社労士さんとの関係はどのようになるのでしょうか?逆に組んで進めた方がよろしいのでしょうか?

導入前にお客様企業が顧問社労士に相談するのは当たり前のことですが、これまで顧問社労士に邪魔された経験もありませんし、全く別の仕事だと考えてください。
社労士は包括的に様々な社労士の仕事をしますのが、我々は社会保険料節減という一点に集中してビジネスを立ち上げましたので、社労士の業務外の部分となります。ただ、事前にその企業の顧問社労士と話が出来るのであれば、共に組んで導入を進めることも可能です。その為に無料診断時のヒアリングシートでは、間接的に顧問社労士が聞ける項目があります。

コンサルティング料金は削減額の30パーセントと書いてありますが、その割合は変更してよいのでしょうか?

30%は目安だと思ってください。コンサルティング報酬の利益率は、あなたが自由に設定できます。
報酬を削減額の30%という設定ではなく、対象従業員1名当り●●●円という設定でも問題ありません。
この部分も、このビジネスの魅力の一つです。

成果報酬型の場合、何年間ぐらい報酬を頂くというのが通常でしょうか?

基本的にコンサルティング料金を節減額(1年目は前年度シミュレーション試算額)から算出しますので、成果報酬と勘違し、「何年間報酬を受け取れるのか?」と思うかもしれませんが、社会保険の節減は毎年必ず試算を行います。
試算をしないと社会保険料は節減されない仕組みになっていますので長期的な継続収入が期待できるのです。
「何年間報酬を頂く」という発想自体ありません。

サポート体制はどうなっているのでしょうか?

担当の阿部を中心として、サポート体制は万全です。
メール・電話でお受けいたします。
サポートの回数・期間に制限はありませんので、お気づきな点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
電話でのサポートは1回に付き30分程度となります。
スナップショット 2 (2012-02-13 12-54).png

contents_border_ft.png

代理店 笹崎様

脱サラして某キャリアの法人携帯電話の代理店を始めて2年が経とうとしていますが、なかなか軌道に乗れず悩んでいました。
その間、様々なビジネスのお話をいただき、良さそうなものは取り組んだのですが、ことごとく失敗…

そこで出会ったのが「社会保険料削減ビジネス」で、今でも覚えていますが
「ピンッ!」ときました。

ただ、社会保険の知識が全くない中での決断でしたので多少の不安はありましたが、最初の研修で「やれる!」と確信できました。

携帯電話の販売はテレアポが多いのですが、「通信費のコスト削減のご提案」と言った瞬間に断られるのが殆どです。
しかし、「社会保険料削減のご提案」に切り口を変えただけで、アポイント取得率が劇的に伸びました。

現場でのケースバイケースの対応に関しても、すぐに電話で丁寧に教えていただけるので毎日、成長できている実感があります。

社会保険料の削減額は非常に大きい額なので、顧客に喜んでいただけますし、携帯電話の売上にもつながっていて、まさに一石二鳥な状態ですww

今では会社も軌道に乗り、順調に売上を伸ばせています。
これも社会保険料削減ビジネスのおかげだと感謝しています。


代理店 的場様

阿部さんとはもう長い付き合いですが、我々代理店に対しては至れり尽くせりの対応をしていただいています。
以前、エスコという会社の代理店をやっていまして、電気料金を削減する機器を販売していましたが、3年間で売れたのがたったの2件という散々な結果で、ビジネスになりませんでした。他にも数え切れないほどのビジネスに手を出していましたが、結果はご想像通り…。

ただ、どうしても起業を諦められない思いがありましたが生活ができる最低ラインを越えていましたので、アルバイト収入で生計をたてていました。ある日、知人から「社会保険料削減ビジネス」の話を聞き、早速、知人と2人で直に話を聞きに行きました。
面白そうな商品ではありますが、私的には社会保険というのは未知の領域だったので、実際に出来るかどうか不安がありました。

その時、対応して下さったのが阿部さんです。
我々の質問には的確に、また真摯にお答えいただき、この人と仕事をしたいと感じました。

テキスト、研修体制、サポートなど、これ以上なく充実していますが、その中で一番勉強になったのは現地研修で、阿部さんのプレゼンを見れたことです。

実際に客様の前で話をしているのを見た後は、今後のビジネスが想像できるようになって、自信が持てる様になり、結果も付いてくるようになりました。
数年前とは生活も仕事も一変して充実しています。


代理店 中道様

起業を考えて様々な会社の商材を検討しましたが、その時だけの売上しか考えられない商材が多く、3年後、5年後、10年後のビジョンが見えなかったので、起業に踏み切れませんでした。

その時に継続的な売上を得られる「社会保険料削減ビジネス」を知りました。
実は最初に知ったのは、ネ●●●ーズという会社の「社会保険料削減ビジネス」です。

これは大きなビジネスになると思いましたが、加盟料がなんと500万円!+月々の運営費5万円!と聞いた瞬間、諦めました…

そんな金額ムリですよ!ただ、逆に「それでも利益がでるビジネスなんだな」と感じました。
その後、阿部さんの「社会保険料削減ビジネス」を知り、迷わず代理店に加盟しました。後ろ盾に公認会計士のコンサルティング会社があるのは、このビジネスを行うにあたって凄く大きいですね!
ネ●●●ーズさんの説明は、機械的で一人で何とかビジネスをする的な感じがしましたが、阿部さんは、「我々と一緒にビジネスを発展させ、成功させましょう!」と言ってくださり、頼りがいを感じました。

プレゼン資料に基本トークがあったり、やって見せる現地研修があったり、他にはない育成制度には、大いに助けられています。
順調に売上も上がってきましたので人数を増やして取り組もうと考えていまます。今後ともよろしくお願いします。


いつもお世話になります山崎です

賃料減額の代理店からお世話になり既に6年が経過しておりまして本当にお世話になっております。
企業様は固定費の削減の話にはとても敏感に反応していただきまた、しっかりと話も聞いてもらえるのでとても仕事がしやすく、また何よりどのお客様も感謝していただける仕事をできていることが誇りに思えます。

社会保険料金を削減する仕事をはじめに行ったときは、こんな計算が自分にできるかなと
考えてしまいましたが阿部さんの方で全て計算など細かいことを行ってくれるのでとても助かりますし安心できます。

また、阿部さんが業務提携している公認会計士さんの法人代理店として活動させていただきましたので、法人ではない個人の私でも不安もなくとても助かりました。

今でも阿部さんに計算関係はしていただいておりますがシステムがありますので自分でも使えるようになり、完全に独り立ちできればと考えています。ですがもう少し一緒に仕事をしてください。

売上としましては21社の会社様とお付き合いができるまでになり完全に売上は安定してきました。
今後は自分でも代理店を作り更に売上の規模を加速できればと考えています。今後ともよろしくお願いします。

contents_border_ft.png




1.png2.png3.png4.png5.png6.png7.png8.png9.png

10.png11.png12.png13.png14.png15.png16.png17.png18.png






※ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページより、購入者様専用HPの「ご案内」をダウンロードしていただけます。
※ご購入者様専用HPからマニュアル・各種資料・試算プログラムなどをダウンロードできます。
※ご購入者様専用HPから特典をダウンロードできます。
※当ノウハウはあくまでも、「社会保険料節減プラン」と「節減金額の計算プログラム」を提案するノウハウとなります。
実践にあたり、関連法令への配慮をお願いいたします。

order03.jpgorder03.jpg






追伸